昔話あらすじ

【鬼子母神さま】あらすじをサクッと簡単にまとめてみた!

あらすじネコ
あらすじネコ

鬼子母神さまのサクッとあらすじ!

まずは、登場人物と簡単なあらすじを見ておこう♪

 

鬼子母神さまの登場人物
  • 鬼女(おにおんな)…子どもをさらうおそろしいおんな。
  • お釈迦(しゃか)さま…村人のねがいをききとどけるため、鬼女をさとす。

 

サクッとあらすじ!
  1. とあるへいわな村に鬼女があらわれるようになり、子どもがみんなさらわれた。
  2. 村の大人たちはお釈迦さまに助けをもとめにいった。
  3. お釈迦さまは鬼女をさとすために、鬼女の子どもをひとり連れ帰った。
  4. 子をうばわれるきもちを知った鬼女は改心し、鬼子母神とよばれる神さまになった。

Contents

鬼子母神さまのあらすじ!

むかし、狭山(さやま)にへいわな村がありました。

 

その村では、大人はせっせとはたらき、子どもはよく遊んでいました。

 

しかし、あるときからその村に、

子どもをさらう鬼女があらわれるようになりました。

おそろしい鬼女は夕ぐれになると村へやってきて、

毎日、ひとり、またひとりと子どもを連れていきました。

 

村の大人たちは、子どもをうしなって悲しみにくれています。

ついに、村には、子どものすがたがまったくみあたらなくなってしまいました。

 

「これは、お釈迦さまにおねがいするしかない」

 

村の大人たちは意を決して、お釈迦さまがいる山へむかいました。

そこで、なんどもなんども、お釈迦さまをよびます。

 

「お釈迦さま、お釈迦さま! たすけてください!」

「わたしたちの子どもを、とりもどしてください!」

 

すると、光につつまれたお釈迦さまがあらわれて、

なんとかすることを約束しました。

 

さて、お釈迦さまはお空から、鬼女の家のようすをうかがいます。

ひとつのほらあなには、さらわれた子どもたちがぎゅうぎゅうにおしこまれていて、

わーん! わーん! と、みんな泣いていました。

しかし、もうひとつのほらあなには、鬼女の子どもたちが一万人いて、

鬼女はじぶんの子どもたちだけをとってもかわいがっています。

 

それを見て、お釈迦さまはかんかんに怒りました。

そして、鬼女の子どもをひとり、おおきなてのひらにのせて連れ帰ります。

 

子どもがひとりいないことに気づいた鬼女は、大泣き。

「わたしの子がいない! わたしの子がいない!」と、

さけびながらあたりをさがしまわりました。

 

お釈迦さまは、そんな鬼女の前にあらわれます。

 

「お釈迦さま! どうしましょう、わたしの子どもがひとりいないのです、どうしましょう!」

 

鬼女は、お釈迦さまに泣いてすがりました。

けれどお釈迦さまは、ゆっくりとかたりかけます。

 

「おまえは、一万人も子どもがいるのに、ひとりでもいなくなるとそれほど悲しいのか」

 

鬼女が、首をなんどもたてにふると、お釈迦さまはつづけました。

 

「それなら、おまえから子をうばわれたものも、おなじように悲しいのがわかるのではないか」

 

お釈迦さまにそう言われると、鬼女は、おおつぶのなみだをとめどなくながしました。

そのようすを見てお釈迦さまは鬼女に子どもを返してやり、

そのあと、鬼女も、村へすべての子どもをもどしにいきました。

 

「わたしがわるかった、ほんとうにわたしがわるかった」

 

ふかく反省をした鬼女は、その後、お釈迦さまの弟子(でし)となり、

鬼子母神(きしもじん)とよばれる、安産と、子どもを病気からまもる神さまになったそうな。

 

おしまい。

鬼子母神さまのまとめ、教訓と感想!

このお話には、ふたつ、ポイントがあるように思います。

ひとつめは、

「自分に大事なものがあるように、ほかのひとにもきっと、大事なものがあるよ」

というふうに示しているよう受け取れるところです。

 

ふたつめは、

鬼女がきちんと反省できたところではないでしょうか。

相手のきもちを考えなおして、自分のつみをみとめた鬼女だからこそ、神さまになれたのだと思います。

たとえあやまちをおかしたとしても、そのあとの行動はきっと、とても大切なのだと思います。

 

あらすじネコ
あらすじネコ

夕方に外にいると、鬼女以外のこわいものも来るかもしれないね!

お外であそぶのはたのしいけど、ちゃんとおうちに帰れるように、時間やまわりに気をつけてあそぼうね。

絵本おばあちゃん
絵本おばあちゃん

こどもに読み聞かせしたい絵本13選

おすすめの絵本についてまとめておるぞ!

⇒ 【日本の昔話】子どもに読み聞かせしたいおすすめの絵本を紹介!