昔話あらすじ

【とうせん坊】昔話のあらすじをサクッと簡単にまとめてみた!

あらすじクマ
あらすじクマ

とうせん坊のサクッとあらすじ!

まずは、登場人物と簡単なあらすじを見ておこう♪

 

とうせん坊の登場人物
  • とうせん坊…いじめられながら育つ。観音様に巨大な力をもらうが、復讐心に染まり、最後は村人に殺されてしまう。
  • 村の子供達…両親のいないとうせん坊を、いつもいじめていた。
  • 四人の男達…とうせん坊をだまして酔わせ、崖の下に落として殺した。

 

サクッとあらすじ!
  1. みなし子のとうせん坊は寺に預けられていたが、子どもたちや、和尚、小僧からいじめられたあげく、とうとう寺から追い出されてしまった。
  2. とうせん坊は観音様にお願いし、100人力のパワーをもらう。これでみんなからバカにされずにすむと思ったが、相撲大会で周囲からひどい罵声を浴び、気がつくと何人もの男達を怪力で殺してしまっていた。
  3. 村人からの更なる仕打ちに、とうせん坊はキレて悪事を働くようになってしまった。
  4. とうせん坊は、村人からの罠にハメられる。断崖絶壁から落とされて、命を失ってしまう。

Contents

とうせん坊の昔話あらすじ!

岩手県の小さなお寺(おそらく、高松寺)で、とうせん坊は育ちました。

とうせん坊には、お父さんも、お母さんもいません。

 

大男で動作が遅いとうせん坊に、村の子供たちは

「大飯食らいの、役立たず!」

とはやしたてながら、雪玉をぶつけます。

とうせん坊は反撃せずに、大きな体をちぢこめて、しくしく泣いて暮らしていました。

また、とうせん坊は、お経を覚えられなかったので、和尚や小僧からもいじめられ、しまいには寺から追い出されてしまいました。

 

「観音様。

どうかオラに、10人力、いや、100人力の力をくだせぇ…!!

オラ、天下一の力持ちになって、世間の奴らを、あっと言わせてやりてぇ…!!」

 

とうせん坊は観音堂にお参りして、100日間のおこもりをしました。

 

すると…

 

とうせん坊の夢の中に、観音様がおいでなさいました。

まりをついていらっしゃいます。

 

ぽん…

ぽん…

 

とうせん坊が嬉しそうにそれをながめていますと、そのまりが、とうせん坊の懐(ふところ)に飛び込んできました。

お腹がぺこぺこのとうせん坊は、むしゃむしゃと、そのまりを食べました。

 

目を覚ましたとうせん坊の体には、ものすごいパワーがみなぎっていました。

「オラぁ、100人力だぁ! 観音様。ありがとう。」

 

とうせん坊は、涙を流して喜びました。

これで、みんなからバカにされなくてすむと思ったのです。

 

ある秋の日、とうせん坊は、村の奉納すもうに参加しました。

 

しかし、土俵に上がったとうせん坊を待っていたのは、拍手ではありませんでした。

「この役立たず! うすのろぉ!

大男に投げられて、べそかくなよ!」

戦う前から、みんなにバカにされてしまったとうせん坊は、怒りで我を忘れてしまいました。

気がつくと、何人もの男達を怪力で殺してしまっていたのです。

 

すると今度は

「人殺しぃ!」

村人たちは、とうせん坊に、てんでに石を投げつけました。

 

「オラを殺すつもりか! 分かっただよぉっ!!」

とうせん坊はそう言って、山にこもりました。里には下りてきませんでした。

 

ところが、村の男たちは、そんなとうせん坊の行方を追っていました。

そして、とうせん坊の留守を狙って、家の中に忍び込むと、鍋の中に、なんと、うんこを塗りたくったのです!

 

この時からでした。

とうせん坊が、怒り狂って、暴れ始めたのは!

 

とうせん坊は、松明を片手に、カタカタと一本足のゲタを鳴らして村や町をかけめぐりました。そして、犬や馬を殴り殺し、家々に火を放ちました。

旧暦の3月。天神祭(てんじんまつり)の最中も、とうせん坊は悪事を働いてしまいました。

 

とうとう、とうせん坊は、故郷(ふるさと)にいられなくなってしまいました。

 

それから数年後。

とうせん坊は、越前(えちぜん)に住んでいました。

とうせん坊は、『東尋坊(とうじんぼう)』という岬から眺める景色が大好きでした。

 

桜が舞い散る、ある春の日のことです。

いつものように、とうせん坊が岬に行くと、四人の男達が宴会をしていました。

 

「これは、これは、どこのお方か存じませんが、一緒にいかがかな?」

男の誘いに、とうせん坊は驚き、喜びました。

 

「今まで自分を見ただけで怖がって逃げていった人間たちが、この村では、親切にお酒をふるまってくれるのか!

 

あぁ、えぇ気分じゃ…」

 

とうせん坊は久しぶりのお酒にすっかり酔っ払い、ごろんと横になりました。

 

遠く空を見上げると、子守唄が聞こえてきます。

とうせん坊の灰色の心に、ほんのりと温もりが蘇ってきました。

 

ところが…

 

「起きろ、とうせん坊ッ!」

 

そのとき、突然、男達の怒鳴り声がしました。

 

驚いて目を覚ましたとうせん坊は、自分の体が、縄でぐるぐる巻きにされていることに気がつきました。

 

「しっ、しまったァ…!! 動けんッ!!」

 

仲良く宴会、なんて、真っ赤なウソだったのです!

 

「くそ、くそッ、くそ…ッッ!!」

 

悔しがるとうせん坊の体を、男達は、かついでいきます。

とうせん坊の脳裏に、走馬灯のように、今までされてきたいじめの数々が浮かび上がりました。

 

とうせん坊の体は、男達によって、崖の下へと投げ落とされてしまいました。

 

「おっかぁ! おっかさーん!!」

と助けを呼ぶ、とうせん坊の叫び声だけを残して。

 

それからというもの。

毎年、とうせん坊が殺された春になると、台風が村を襲うようになりました。

人々はそれを『とうせん坊』と言って恐れました。

 

とうせん坊の怨霊は、今もこの世をさまよい続けているのです。

とうせん坊のまとめ、教訓と感想!

毎年4月8日になると、仏教の宗派の人々は『降誕会(ごうたんえ)』(お釈迦様のお誕生日を祝うお祭り)を開きます。

とうせん坊が呼ばれたのは、その宴会だったのです。

 

今でも、岩手県では、4月8日頃になると、決まって天候が悪化します。

激しい雷雨。

ザブンザブンと岩を叩きつける荒波。

そして、平泉町の中尊寺を尋(たず)ねるかのように、東に向かって強風が吹き荒れていくのです。

地元の人々はこれを『とうせん坊』と呼び、大変恐れています。

 

その由来が描かれている昔話が、この『とうせん坊』です。

 

『とうせん坊』は、1978年12月に、『まんが日本昔ばなし』でも放送されました。

 

突然画面にあらわれる、おどろおどろしいタイトルと、BGM。

 

次の瞬間には、松明を持ち、一本足のゲタをはいて飛び回る、とうせん坊が現れます。

鬼のような形相のとうせん坊は、村の家々に火を着け、動物を次々に殺し…

という、流血のシーンが流れていきます。

泣きわめく、村の子供たち。

 

その間、約1分間。

 

ナレーションは、一切入りません。

視聴者は、驚きとともに、何が起きたのかも分からないまま、ただただ、恐怖で震えていることしか出来ないのです。

あまりにも怖くて悲しいお話なので「放送禁止になった」という、うわさもあります。

 

しかし、『まんが日本昔ばなし』の中では描写されませんでしたが、実は、このお話はもっと恐ろしいお話なのです。

 

なんと、とうせん坊をだまして崖から突き落とした時、四人の男達もまた、巻き添えをくって崖から落ち、亡くなってしまったというではありませんか!

 

しかも、その断崖絶壁とは、福井県 坂井市の『東尋坊(とうせんぼう)の絶壁』。

実際に存在する、『自殺の名所』なのです!!

 

崖から落とされてしまった「とうせん坊」の怨念が、未だに、さまよい続けているのかもしれませんね。

 

しかし、このお話は、ただ怖いだけのお話でしょうか?

『とうせん坊は殺されても仕方のない、悪いヤツ』なのでしょうか?

 

……いいえ、違いますよね。

 

子どもたちにいじめられても、一切反撃をしなかった、優しい、とうせん坊。

両親からの、そして周囲からの愛情に飢え、ただひたすら、自分を認めて欲しかった、とうせん坊。

そんな純粋な気持ちを持つ彼を、ここまでの恐ろしい怪物にしてしまったのは、他ならぬ、村の人々です。

 

もしも、彼が小さい頃から、村のみんなが、彼に優しく、温かく接してあげていたら…

 

もしも、すもう大会の時に、ちゃんと彼を拍手で迎え、勝つたびに

「すごいね!」

と認めてあげていたら…

 

きっと、とうせん坊のその後の人生は、大きく変わっていたことでしょう。

観音様からいただいた凄いパワーを、村の人達のために使ってくれていたかもしれません。

 

とうせん坊も、もちろん怖いですが、私は、村の人たちのほうが、ずっと怖いと思います。

 

逃げたとうせん坊をストーカーして家をつきとめたり。

彼が留守の間に集団で家の中に忍び込んで、中をめちゃくちゃに荒らしたりするなんて…

それだけでも、許されざる犯罪です。

 

なのに、村人たちは、それだけでは飽(あ)き足らず、しまいには、とうせん坊をだまして崖から突き落とすなんて、本当に信じられません。

 

四人の若者は

「村を守るため」

なんて、大義名分をかかげていたと思いますが、とんでもありませんよね。

 

最後の最後で、人に優しくしてもらった時、とうせん坊は、どんなに嬉しかったことでしょう。

そして、裏切られたと知った時は、どれほど深く傷ついたことでしょう。

 

自分の生まれた日にそんな惨劇をご覧になったお釈迦様も、また、彼らを見て、どんなにお嘆きになられたことでしょうか。

 

人はみんな、仏の魂を抱いて生まれてきます。

今、悪いことをしている人も、魂の修行が足りないだけで、仏の心がちゃんと宿っているのです。

 

人は一生をかけて、己の魂を磨いていきます。

それが、人生です。

 

良い人になるには、もちろん、悪いことを悔い、改める、本人の努力が欠かせません。

しかし、それだけでは、人はなかなか立ち直れない生き物です。

一番大切なのは、周囲の人が彼をあたたかく包み、励まし、サポートしてあげることです。

 

あらすじクマ
あらすじクマ

とうせん坊さん、可哀想。

一番怖いのは、幽霊でも、妖怪でもなくて、いじめても平気な、人の心なのかもしれないね。

すべての人が、笑顔で、お互いに助け合える世の中を作っていこうっ!

絵本おばあちゃん
絵本おばあちゃん

こどもに読み聞かせしたい絵本13選

おすすめの絵本についてまとめておるぞ!

⇒ 【日本の昔話】子どもに読み聞かせしたいおすすめの絵本を紹介!